ジム

ジムが続かない!挫折しないためにジム通いが楽しくなる工夫やモチベーション維持の方法

ジムに通っている女性が写っている

せっかくフィットネス会員になっても、ジムが続かったりモチベーションが維持できないという人も多いと思います。
ジムに通う習慣をつけてしまえば、面倒臭くはなりませんよね

そこで、ジム通いが楽しくなる工夫やモチベーション維持の方法について紹介しちゃいます。

ジムが続かない・・・。

男性なら誰しもが一度はシックスパッドやムキムキのカラダに憧れるものです。
最近では、美容やダイエットのためにジムに通う女性も増えてきましたよね。

しかし、憧れのボディに近付くためにはジムに通い続けなければなりません。
そしてこの通い続けるということが、とても難しいんです。
挫折してしまえば、憧れのボディから遠のくほか、ジムの会員費も無駄になってしまいます。

これから通おうと考えている人も、現在ジムにいくモチベーションがなくなってしまった人も、一工夫して習慣化することが大事です。

ジム通いが楽しくなる方法①:通いやすいジムを選ぶ

ジム選びは、ジムに通う上でとても重要なポイントです。
遠い場所だとアクセスしにくいため、いつの間にか通わなくなってしまうことも。

オススメのジムの場所は通勤や通学の帰りにある場所です。

夕方に横断歩道を渡る人々

帰り道にでもサクッと立ち寄ることができますし、お仕事や学校のあとに通えば汗をかいて気持ちよくストレス発散ができます。

お仕事の帰りにジムに通える!というモチベーションの保ち方をすれば、ジム通いも楽しくなってきますよ。

ジム通いが楽しくなる方法②:友人と一緒に行く

新しいことを始めるためには、やはり友人がいたほうが心強いです。
親しい友人と目標を持ってトレーニングをすれば、楽しいこと間違いありません。

男3人が仲良く笑っている

しかし、一緒に筋トレをしてくれる友人がいないという人も多いと思います。
そんな時は、時間帯で区切った運動だけでなく交流イベントなども行なっているので活用するのも一つの手です。

また、レッスンプログラムでいつも同じ場所に同じ人がくるので、通い続ければ友人も多く作れます。

逆に人付き合いが苦手な人は、無理して友達を作る必要はありません。
一人で通っても、イヤホンなどで音楽を聞けば下界をシャットアウトして集中できちゃいます。

ジム通いが楽しくなる方法③:お風呂やスパが充実している施設を選ぶ

運動施設も大事ですが、運動後のお風呂やスパも重要なんです。

お風呂で外をみる男性

トレーニングを終えた後に、ゆっくりとお風呂に浸かれば心身共にリラックスできます。
自律神経を刺激してくれるので、ストレス解消や疲労回復にも効果的です。

根詰めてトレーニングばかりしていては、カラダも疲れてしまいますし、何よりストレスが溜まってしまうものです。
運動後のリフレッシュする時間を大切にすることも、ジム通いを続ける一つの工夫でしょう。

ジム通いが楽しくなる方法④:ハイレベルな目標の設定をしない

筋トレを始めたからといって、すぐに効果が出るわけではありません。
そこで、ハイレベルな目標を設定してしまうと、達成できずにその先に進むことができないんです。

バスケットゴールを下から見た写真

時にはハイレベルな目標も必要かもしれませんが、まずは習慣化することが大事。
自分自身にプレッシャーを与えてしまうと、楽しいジムもつまらなくなってしまいます。

まずは達成できそうな目標から掲げ、ジムに通う癖をつけましょう。
それこそ、週に何回通う!という目標でも良いでしょう。

ジム通いが楽しくなる方法⑤:停滞期は当たり前と捉える

ある程度カラダ付きが変化してきても、突然ぱったりと変化がなくなることもあります。
それまで順調に変化してきたのに、突然止まってしまうとやはりモチベーションは下がってしまうものです。

しかし、そこで諦めてはいけません。
誰にでも停滞期はありますし、現状維持ができているだけで効果は出ています。

無理してハードなトレーニングを続ければカラダを壊してしまいます。
停滞期こそトレーニングメニューを見直すなどの機会だと思い、落ち込まないようにすることが大事です。

ジム通いが楽しくなる方法⑥:自分の変化を褒める

時には自分に甘くし、褒めることも大事です。

筋トレをし、褒められる男性

ある程度ジムに通い、カラダに変化が出てきたらそれだけで立派な結果を出したことになります。

例えそれが結果があまり出てなくても、通い続けているだけで凄いことです。
結果は後からついてくるもの。
しっかり通っていることに、そしてカラダに変化が現れたら自分を褒めるようにしましょう。

この時日々の体重の変化や見た目の変化などを納めておくと、励みになります。

まとめ

体力作りやストレス発散も出来ちゃうジム。
しかし、ジムに通うのが楽しくなくなってしまって、挫折してしまったら意味がありません。

今回紹介した方法や自分なりの一工夫で、ジムに通う習慣づけをすることが大事です。
一人で通おう!と思っている人も、わからないことはスタッフさんに聞くことで解決することもあります。

しっかりと通い続けることができれば、カラダの変化も現れ、知り合いから「あれ?かっこよくなった?」と言われる日も近いと思います。

ABOUT ME
新米社長
娘の誕生と共に、腹筋バキバキの体を志す。 筋トレ時間確保のため、独立を決意し会社設立。 安定を捨て、筋トレと会社運営に日々奮闘中。 なお、こよなく愛する嫁は社長の行為に呆れ気味