筋トレ

ジムに通う頻度や筋トレにオススメの時間帯は?筋トレはこの頻度でこの時間にやるべきだ!

髭の生えたマッチョな男性

筋トレをするときに、早く筋肉をつけたいと思い、ただ闇雲に筋トレしていませんか?
実は筋トレを効果的にするためには、適切な時間やタイミングがあるんです。

この記事では、筋トレの効果を出すために、ジムに通う頻度やオススメの時間帯について紹介します。

ジムに通って筋トレをする頻度は?

筋トレをする男性

皆さんはジムにどのくらいの頻度で通っていますか?
忙しくて週に1回という人もいれば、毎日通っているという人もいると思います。

しかし大事なのは筋肉ができるサイクルを知ることです。
どのようなサイクルで筋トレをするのが良いのか、見てみましょう。

筋トレを行うサイクル・頻度

筋トレをしたあと、傷んだ筋肉が回復するのはおよそ2〜3日かかると言われています。

つまりこのタイミングで筋トレをすることが、重要になってきます。
例を見てみましょう。

パターン1

平日は働いている人で、土日しかトレーニングをしないという人もいると思います。
その場合はこういうスケジュールになるのがほとんどです。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
休み 休み 休み 休み 休み ジム ジム

パターン2

連日は疲れてしまうから週に2回、バランスよくジムに通う人のスケジュールはこんな感じでしょうか。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
休み 休み ジム 休み 休み ジム 休み

パターン3

そして筋肉を早くつけたいために、たくさん通う人です。
毎日通う人もいると思いますが、ここは週に1回休みを取ることにしましょう。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
ジム ジム 休み ジム ジム ジム ジム

どの頻度が良い?

壁にもたれかかる男性

例え週に2回通う場合でも、パターン1と2では変わってきます。
パターン1の場合、連日に詰め込んでしまっているので、先ほどお話した通り、筋肉の回復をする時間が足りません。
そして休む時間も長すぎるため、効果的に筋肉を発達させることができなくなってしまいます。

パターン2の場合は、トレーニングの頻度をしっかりとあけることで、筋肉の疲労を回復することができ、カラダを痛めることなくトレーニングを続けることができます。
注意して欲しいのはパターン3の場合です。

頻度が多すぎるのは逆効果

休養時間が少なく、カラダに負荷をかけ続けると、筋肉が回復する時間がなく慢性的な疲労になってしまいます。
これをオーバートレーニングと言います。

オーバートレーニングになってしまうと、トレーニングをするごとにカラダへの疲労が回復できないどころか、筋肉が発達しなくなってしまいます。
カラダと相談し、十分に休養をするようにしましょう。

休息する必要性

座る男性

実は休む日を作る理由は、カラダのため以外にも、筋肉を大きくさせる目的にあります。
筋トレによって傷んでしまった筋組織は、土台となるタンパク質を吸収し、筋肉の修復をします。

この修復するという段階で、筋肉がより大きく強いものに育つため、筋肥大のためには適切な休息が必要なんです。

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-file-text-o” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#FFC107″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]オススメ頻度[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

始めたての人は週に2〜3回。
スポーツなどを経験してて、体力に自信がある人は週に3〜4回。

[/st-mybox]

筋トレをするのにオススメな時間帯

時計の画像

筋トレをしていて、朝・昼・夕のどの時間帯が一番効果が出るのか、と考えたことありませんか?
実は筋トレの効果を最大限に活かしてくれる時間帯があるんです。

ここでも重要となってくるのが、カラダの仕組みを知ることです。

身体機能がピークになる時間

体調を測るときに、

  • 体温
  • 脈拍
  • 血圧
  • 筋力
  • 酵素消費量
  • 肺活量

などを測ることがあると思います。
これらの機能は昼頃〜夕方にピークを迎えると言われています。

つまり

トレーニングに最適な時間帯も昼頃〜夕方

なんです。
体温がしっかりと上昇している、ピーク時のほうが交感神経も優位に働き、筋肉を効果的に鍛えることに繋がります。

成長ホルモンも関係している

成長にとって必要不可欠な成長ホルモン。
これは筋肉を大きくするためにも、例外ではありません。

この成長ホルモンは、筋トレをする時間帯でも分泌量が変わってくると言われています。
朝に運動した場合と、夕方に運動した場合を比べてみると、夕方に運動したほうが分泌量が多いんです。

睡眠にも関係する

ベッドの画像

成長ホルモンは睡眠の時間に最も分泌されると聞いたことがあると思います。
多くの成長ホルモンを分泌するためには、質の良い睡眠を取ることが必要不可欠です。

寝ている間に成長ホルモンが分泌され、筋肉の修復や合成をしています。
厚生労働省によると、就寝時間から3時間前ほどの夕方〜夜にかけての運動が、質の良い睡眠に繋がるというデータがあるんです。

まとめ

以上、ジムに通う頻度や筋トレにオススメの時間帯について紹介しました。

筋肉を大きくする仕組みを知って、最適な頻度・時間帯で筋トレをすることが重要です。
今まで焦ってたくさん筋トレをしていた人も、頻度を落としてしっかりと休んだり、時間帯を選ぶことで筋トレを効果的に行うことができます。

急がば回れと良くいいますが、休養も筋肥大の近道かもしれません。
一度ご自身のトレーニングを見直してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
新米社長
娘の誕生と共に、腹筋バキバキの体を志す。 筋トレ時間確保のため、独立を決意し会社設立。 安定を捨て、筋トレと会社運営に日々奮闘中。 なお、こよなく愛する嫁は社長の行為に呆れ気味