プロテイン

プロテインの種類ごとの目的や飲み方を徹底解説【自分に合ったプロテインが見つかる!】

プロテインの画像

理想のカラダに近づけるために、プロテインの導入を考えている人も多いのではないでしょうか。
プロテインには様々な種類が出ており、効果や目的に合わせてプロテインを使うことが大事です。

今回は種類ごとの飲み方まで、徹底解説したいと思います。

プロテインの種類は3つ

プロテインには大きく分けて3種類のものがあります。
まずは牛乳を原料としているホエイプロテインカゼインプロテイン
そして大豆を原料としているソイプロテインです。

それぞれの特徴を見てみましょう。

ホエイプロテインの特徴

ホエイプロテインとは、牛乳に含まれているホエイタンパクという成分から作られているものです。

牛乳が並んでいる写真

ホエイプロテインの大きな特徴は、低カロリーで栄養がギュッと凝縮されていて、吸収が早いという点です。
その反面、効果の持続時間が短く、摂取しすぎると体脂肪になりやすいというデメリットもあります。

ホエイプロテインの飲み方

ホエイプロテインは吸収が早いため、トレーニングの直前や直後に飲むのがオススメです。

飲み方としては、オレンジジュースやスポーツドリンクといった糖質を含むドリンクに溶かして飲むのがよいでしょう。
必要な必須アミノ酸を全て含んでおり、運動によって失われやすいBCAAも豊富なので、筋肉分解を抑え疲労回復を減少させる効果まで見込めます。

トレーニングの直前や直後以外に飲む場合は、吸収の遅いタンパク質を含んでいる牛乳や、他の食べ物と一緒に摂取することで吸収速度を遅くするなどの工夫をしましょう。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#FFC107″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -8px”]こんな人にオススメ[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#FFC107″ bgcolor=”#FFFDE7″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

筋肉を大きくしたい人

[/st-cmemo]

カゼインプロテインの特徴

カゼインプロテインもホエイプロテインと同じく、牛乳を原料に作られています。

ホエイプロテインの吸収が早いという特徴に対し、カゼインプロテインは固まりやすいというのが特徴的です。
そのため、消化吸収に時間がかかります。
この固まりやすいという性質は、チーズやヨーグルトにも使われています。

チーズの画像

なんとホエイプロテインが吸収される時間が1〜2時間に対し、カゼインプロテインは6〜7時間とも言われているんです。

カゼインプロテインの飲み方

カゼインプロテインは吸収が遅いという特徴があるため、運動の直前や直後には向いていません。

ゆっくり吸収されるので、オススメのタイミングは就寝前です。

ベッドで寝ている人の画像

寝ている長い時間帯にタンパク質を蓄えてくれる働きをしてくれます。

また、筋肉を落とさずダイエットをしたいという人にもオススメです。
カゼインプロテインはグルタミンを多く含んでおり、筋肉の分解を防ぐのにとても効果的。
吸収が遅いため満腹感が持続し、間食の予防にも繋がります。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#FFC107″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -8px”]こんな場面でオススメ[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#FFC107″ bgcolor=”#FFFDE7″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

ダイエット中にお腹が空いた時の間食
運動をしない日のタンパク質補給

[/st-cmemo]

ソイプロテインの特徴

ソイプロテインは名前の通り大豆を原料としています。

ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく、吸収が遅いという特徴があります。
また、満腹感も得やすく効果の持続時間が長いのも特徴です。

価格が安いというのも、魅力的なポイントですね。

ソイプロテインの飲み方

ソイプロテインは腹持ちが良いので、ダイエットをしている人にオススメです。
ソイプロテインを飲んで適度な運動をすると、脂肪燃焼をしながら筋力のアップ効果が期待できます。

また大豆に含まれるイソフラボンやサポニンは、抗酸化作用やコレステロール低下、ホルモンバランスの調整などにも優れており、健康に良いものとしても注目されているんです。

しかし欠点として水に溶けにくいという点があります。
水で溶かしてしまうと、粉っぽくなり飲みにくいと感じてしまう人もいると思うので、ぬるま湯で溶かしてダマにならないようにしてから、水を加えるなどの工夫が必要かもしれません。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#FFC107″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -8px”]こんな人にオススメ[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#FFC107″ bgcolor=”#FFFDE7″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

健康的に筋トレしたい人
ダイエット中の女性
健康のためにプロテインを取り入れたい人

[/st-cmemo]

プロテインの種類ごとのまとめ

それぞれのプロテインを分かりやすくしてみました。

プロテインの種類 特徴 飲むタイミング こんな人にオススメ
ホエイプロテイン ・吸収が早い。

・素早くタンパク質補給が可能。

・筋トレの直前・直後。 ・筋肉をより大きくしたい人。

・激しい運動をする人。

カゼインプロテイン ・吸収が遅い。

・持続的にタンパク質を蓄えられる。

・満腹感が持続する。

・就寝前。

・運動をしない日。

・ダイエット中の間食。

・トレーニングを頑張ってもついつい食べ過ぎてしまう人。

・トレーニングを行わない日でも、プロテインを摂取する人。

ソイプロテイン ・吸収が遅い。

・腹持ちが良い。

・とても健康に良い。

・就寝前。

・運動前。

・ダイエット中の間食。

・健康のためにプロテインを摂取したい人。

・ダイエットをしたい人。

 

 

まとめ

以上、プロテインの種類ごとの目的や飲み方について紹介しました。

プロテインは筋トレをする上で大きな力となってくれます。
しかし大事なのは、飲む目的やタイミングです。
是非自分に合ったプロテインを摂取し、筋トレを効果的に行いましょう。

ABOUT ME
新米社長
娘の誕生と共に、腹筋バキバキの体を志す。 筋トレ時間確保のため、独立を決意し会社設立。 安定を捨て、筋トレと会社運営に日々奮闘中。 なお、こよなく愛する嫁は社長の行為に呆れ気味